« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

春眠暁を覚えず(*´ω`*)

とあるロシア人がこの詩を聞いてなんて残酷な詩なんだ…と解釈した話が面白かったです。
雨交じりの風は恐ろしいものだし、迫害をイメージさせるし。
花が散る風景は美しいかな?というのはやっぱり国民性からくるものでしょうか。
とりあえずこの季節毎日よく寝れます。
翻訳こんにゃくがほしい。
こういう話を直接国が違う人々と話したい。






さて!今回はあんまり楽しくない話なのですが吐き出しですよ。
ぼんやりした話ですがすみません。


最近は色々人生考えることいっぱいで頭パンクしそうです。
いや実際はそんな考えてないんですけどキャパシティ的にオーバーです。


自分の体ってある程度はちゃんと自分で把握してるつもりだったんですよね。
しょっちゅう具合悪いなりに。
でも、そんな把握してるつもりの体でも自分の予想外の所から自分の現状叩きつけられるとどうしていいのかわからなくなるのですな…


とってもとっても大袈裟な話になっちゃうけど、「あと一年しか余命ないよ」って言われてたらどうする?の感覚に近い。
えっどうしよう、何かしたいことないかな、どうしたらそれができるかな、ていうかしたいことあったかなどうしたらいいかなあわわ的な。
実際はそんな余命どうこうの話じゃ全然ないんですけど、体って有限なんだなって思いました。
てういか30歳になるんだしな、とも思った。
生きてる以上、どんなに歳を取っても努力で体を高めることはできるよね。
でも普通に生きてたら体も歳とるよねーっていう。
ベストのままで過ごせないこともある。
自分の状態だけが悪いんじゃない。
きっと、わたしの場合もよくある話の一つ。
でも、本当にこの具合の悪い体に慣れてしまっている部分をどうにかしないとな、というきっかけになりました。
わたし…どんだけ不具合抱え込むねん…みたいな…(笑)


やりたいことがあったときに体が自由にならなくてできないというのをどうにかしたいなー、という気持ちを優先させた時、今の自分では諦めないといけないものがたくさんあるんだな。
わたし、この土地離れて暮らしていけるかなあ…(正しくは欲しい服がすぐ買えない場所で生きていけるだろうかという不安)(何言ってるんだとか言わんといて…重要なことだよ!笑)


健康な体になりたいナ―ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »